シロアリ防除用土壌処理剤 ステルスSC
◎特 長
1.殺滅
建物に侵入しているシロアリを駆除します。イエシロアリの壁巣/分巣を含め速やかに駆除します。
2.忌避性なし
忌避性がないということは、直接かかるように散布しなくても通り道に処理しておくだけで被害部分のシロアリが死滅し、壁巣/分巣の駆除も可能です。
3.周辺密度低下
  建物周辺にいるシロアリを駆除し、密度を減らし再発を防ぎます。
4.低臭性・刺激なし
  不快な臭いや皮膚刺激がほとんどありません。蒸気圧が低く揮散しにくく、揮発性有機溶媒を含みません。
5.優れた安定性と残効性
  水に溶けにくく土壌中で安定なため移動しにくい。土壌および水の幅広いpH(pH5.0〜9.0)で分解しにくい。環境への影響が少なく、残効性が長い。
6.あらゆるシロアリに優れた効果
  イエシロアリをはじめ、あらゆるシロアリに高い効果があります。
◎安全性
本有効成分には、変異原性、遺伝毒性、発ガン性および、催腫瘍性がありません。
ジェル状ゴキブリ駆除剤 シージージェル
◎用 途
不快な臭いもなく、器具や器材を汚染することもないので、病院、老人ホーム、介護施設、食堂や調理室、食品工場に最適なHACCP対応制御剤です。
  手の届かない場所にでも使用でき、安定した効果が長期間持続します。
  冬の寒い期間、暖かい場所に集まる習性を利用し、ゴキブリの通り道にスポットで仕掛けて、より少ない駆除剤でより高い効果をあげることができます。
◎特 長
  シージージェルは医薬品です。安全性を支えるHACCP、ISO対応です。
  揮散性・不快臭がなく、薬量も少量なので入院の患者さんがいても施工できます。
  薬剤を散布できないところにも仕掛けられます。
  ジェルタイプのベイト剤ですから、腐敗せずに長期間ゴキブリが好んで食べます。
  殺虫剤に対して抵抗性を持ったゴキブリにも有効です。
  24〜48時間以内に効果が出てきます。
◎用法・用量
  1〜2g/m2の割合で、ゴキブリの出没する場所において、壁の隙間や冷蔵庫の下・裏、および棚の裏など水のかからない場所に、人が直接触れないよう適切にスポット処理します。
  米粒大(0.02g)の量を5cm間隔でゴキブリの生息している周辺に仕掛けます。
ピレスロイド系 シロアリ防除剤(木部処理用)低臭性
シントーサイゴー油剤
(クリアー・オレンジ・グリーン)
◎特 長
  シロアリに対して速効的に作用します。
  気・刺激性が少なく、コリンエステラーゼへの影響がありません。
  有効成分は普通物です。作業者や居住者への安全性に優れています。
◎用法・用量
  シロアリの駆除と予防、キクイムシの防除、木材の防腐・防カビ。
●有効成分
  防蟻(主成分): ペルメトリン0.2%
  防腐(主成分): IPBC0.2%
●使用濃度
  原液のまま使用
●処 理 量
  原液のまま使用300ml/m
  穿孔注入処理適量
>>>作業風景はこちらをご覧下さい
  大切な住まいを害虫からシッカリ守る。
  ステンレス製なのでサビに強くすっきりした軽快な印象です。
基礎高が不足する場合や、換気口の面積が不足している場合も切断することで適合させることが出来ます。